モテる女性になる方法

モテる女とは

こんな女性はモテるわけがないです

「どうせ女なんてイケメンがいいんだろ」
「女なんて金があればホイホイついていくんだよ」

こんなことを言っている男性ってどう思います?

情けない?

ダサい?
カッコ悪い?
哀れ?
呆れる?

何にしろ、そんなこと言う男性には、

全く魅力を感じないですよね。

正直、「バカじゃないの?」って思う人もいるかもしれませんね。

確かにイケメンであるならばその方がいいですよ。

お金持ちであるならそれに越したことはないですよね。

だからといって、

イケメンだからとか、お金持ちだからというだけの理由で、
人を好きになったりすることはないと思います。

好きになる要素の一つではありますが、

あくまでも要素の一つでしかないわけです。

イケメンであることやお金持ちであることを

鼻にかけている男性なんか、逆に願い下げって人も
結構いるんじゃないかと思います。

もしくは、自分がモテない理由を

「どうせ女なんてイケメンがいいんだろ」
「女なんて金があればホイホイついていくんだよ」
などと言って卑屈さ全開になっている男性を見ると、
嫌悪感すら湧いてくる人も少なくないと思います。

マジ無理って感じですよね。

でもこれって、女性にも言えることだって気づきませんか?

女性の中にもこういうことを言っている人って、

たまに見かけるんです。

「男なんてみんな痩せてる子が好きなんでしょ」
「男って可愛ければ誰でもいいんでしょ」
「男はヤラせてくれる女だったら誰でもいいんでしょ」

言葉はここまで露骨じゃないにしても、

こういったニュアンスのことを言っている人って、
結構見かけるんです。

そして当然、そういう女性は男性からすると、

「は?何いってんの?」
って感じになるんですよ。

先ほどの「イケメンがどうだ、お金持ちがどうだ」

と言っている男性に対して女性が感じたのと、
同じ感情を男性も抱くわけです。

男性だって、外見だけで女性を好きになるわけでもないし、

みんながみんな痩せている子が好きなわけでもないし、
女性に対してセックスだけを求めているわけでもないんです。

で、そんな卑屈な女性に対して、

男性も嫌悪感を抱くわけです。

マジ無理、って。

卑屈さや卑下って、相手からすると決して気持ちいいものではありません。

だってイヤじゃないですか。

やたらに卑屈なことばっかり言っている人って。
一緒にいてイヤになりません?

男性も女性も、異性の前では

こういうことを露骨には言わないかもしれません。

だけど、どうしてもこうした卑屈な価値観というのは、

表に出てきてしまうものなのです。
口には出さなくても、行動や態度に出てきてしまうんです。

自信や前向きさが人を惹き付けるように、
卑屈さや卑下は人を遠ざけてしまいます。

目には見えないかもしれませんし、

形には表れないかもしれませんが、
内面がその人の魅力を形作っていくのです。

女性にとってイケメンであるならその方がいい、

お金があるならそれに越したことがないというのと同じで、

男性にとっても、

可愛ければ可愛いに越したことはないですし、
スタイルが良ければ良いに越したことはないでしょうし、
ヤラしてくれればそりゃ嬉しいでしょう。

でもそれも、イケメンかどうか、お金持ちかどうかと同様に、
好きになる要素、モテる要素の一つでしかないわけです。

そもそも外見の好みなんて人それぞれですし、

痩せている子よりもぽっちゃりした子が好きっていう男性も
結構多いのですから。

自分に足りないものがあるのなら、

それをどうやって埋めるのか考えたり、
もしくは別のものでカバーしようと前向きに考えた方が、
よほど建設的で魅力的な考え方です。

一番やってはいけないのは、
足りないものに目を向けすぎて卑屈になってしまうことです。

人間生きていれば色々ありますので、

時には卑屈になってしまったり
自分を卑下してしまうことってあると思います。

でも決してそれを習慣化させずに、

自分の価値観として定着させないように、
時々点検するようにしてくださいね。

-モテる女とは
-, , , ,